関東・甲信越地方で住宅ローンを利用する前に、他の全国対応の低金利住宅ローンと比較をしましょう。

関東・甲信越地方の地銀情報

群馬銀行の新築時や新規住宅購入、または借り換えに使える住宅ローンには、3大疾病+4つの生活習慣病に備えられる安心の補償が備えられています。

足利銀行にはいくつかの住宅ローンがあり、一部の商品に限ってはインターネットバンキングを利用する住宅ローンの一部繰上げ返済は、手数料が無料となります。

多くの金融機関では一般的に住宅が完成してからローンの融資が実行されるものですが、常陽銀行の住宅ローンでは完成前に融資が可能となるため、それまでの「つなぎ融資」が不要となります。

筑波銀行は万が一に備えられる様々な疾病に対応した安心のタイプと、借り手のニーズに合わせて選べる多くの金利で住宅ローンを用意しています。

埼玉りそな銀行の借り換えに使える住宅ローンは、ネットからの申し込みであれば早い審査回答が期待できます。

武蔵野銀行では住宅ローンのキャンペーンを行っている場合があり、期間中に住宅ローンの申し込みや契約を行うと、基準金利よりも低い利率で借りられる場合があります。

千葉銀行の住宅ローンでは金利だけでなく、安心面にしても利便性にしても、加えて自由度にしてもそれぞれで優れた内容となっているのが特徴です。

千葉興業銀行の多くの住宅ローンの中でも、安心の面で特に強くなっているのが「ハートフル11(イレブン)」です。

東京都民銀行には多くの住宅ローンがあり、金利を選択して計画的に借りられるタイプとなると住宅ローン「選択上手」の利用となります。

横浜銀行の固定金利と変動金利で自由に選択ができる住宅ローンは、借り換えの申し込みもネットで簡単事前審査から始められるようになっています。

他の金融機関ではかかる場合の多い繰上げ返済の手数料や、固定金利の再選択時の手数料については、第四銀行の住宅ローンでは無料となっています。

北越銀行の様々な商品がある住宅ローンの中で、今現在の借り入れからの借り換えとして利用をする場合には、電話での借り換え試算の説明があります。

山梨中央銀行の住宅ローンは金利だけを見るとそこまで目立った内容ではありませんが、利用をするにあたっての保証料が不要となるため、総合的な負担で見るといくらか軽くなります。

住宅ローンは多くの商品ラインアップとなる金融機関が多く、八十二銀行の住宅ローンも金利や保障内容等が異なる様々な商品があります。

トップへ戻る