住宅ローンの借り換え審査を受ける前に、最低限の知識として最新金利は見ておきましょう。

借り換えを行う前に

ネットで進めるタイプとなるネット銀行の住宅ローンなら別ですが、店舗を持つ金融機関の場合には、住宅ローンの借り換え相談も店舗で行えます。

住宅ローンを利用するにあたって大きく悩むのが、固定金利と変動金利です。利率の違いももちろんですが、やはりこれから先の何十年といった期間に渡る返済を考える上では、重要なポイントとなってきます。

借り換え先を決めていざ申し込みをしたものの、あえなく審査落ちとなってしまって借り換えが出来ないといった方も、決して少なくはありません。

余裕のあるお金を全額繰上げ返済へと回せればたしかに支払う金額も期間も短縮、縮小がされますが、全てを返済に回してしまうのは決して良い返済計画とは言えません。

住宅ローンを組む際に意見が分かれるボーナス払いの有無は、どちらにしてもメリットもデメリットも大きいために悩ましいところでもあります。

投資関連商品は「余剰資金で行う」のが鉄則であり、そもそも借金である住宅ローンを抱えている状態では、投資に回すお金は余剰資金とは言えません。

変動金利は利率の低さが魅力の商品となりますが、将来的な金利上昇のリスクは常にあり、いつ金利が上がってもおかしくないのも事実です。

一度借り換えをしていると次の借り換えとなると躊躇をしてしまう方もいますが、借り換えの回数には特には制限はありません。

金利が下がれば良いとだけ考えると住宅ローンの借り換えも失敗をしてしまう場合もありますので、必要となる諸費用についても、しっかりと把握をしておく必要があるのです。

住宅ローンを比較する際に気になるのは、何も金利だけではありません。様々な諸費用も気になるところで、中でもどうにも引っかかるのが事務手数料です。

元利均等返済とは元金と利息の合計額が均等である返済方式となり、各回の返済における元金と利息の合計が同じ金額になるように設定されています。

元金均等返済方式とは、その名の通り元金が均等な支払いを進めていく返済方式となります。元利均等返済では各回の元金と利息の合計金額が均等となる返済であるのに対し、元金均等返済では元金のみが均等となります。

5年や10年、20年といった一定の期間内は固定金利となる住宅ローンで、金利はずっと固定金利のフラット35などと比べると低くなります。

その月その月で適用される金利が変わり、新規での契約でも借り換えでも、その時点での適用金利での住宅ローンの利用となります。

変動金利の住宅ローンは当初の利率の低さが魅力となりますが、金利上昇のリスクがどうしても付きまといます。

トップへ戻る