住宅ローンの借り換え審査を受ける前に、最低限の知識として最新金利は見ておきましょう。

メリットもデメリットも大きい

住宅ローンを組む際に意見が分かれるボーナス払いの有無は、どちらにしてもメリットもデメリットも大きいために悩ましいところでもあります。ボーナス払いを併用すれば返済は早くに終わりますが、先行きの見通しが甘いと危険です。

だからと言ってボーナス払いを使わないと返済が長引き、最終的な支払い総額が増えてしまいます。ただ、実際にはボーナス払いを併用せずとも、自身でボーナス払いのようにしてしまうのも一つの手です。

繰上げ返済で擬似ボーナス払いも

最近の人気どころの住宅ローンでは、繰上げ返済の手数料を無料としています。毎月の支払い金額に上乗せして任意で返済が出来るようになっていますが、うまく使うことでボーナス払いを併用せずとも利息の削減、返済期間の縮小が可能となります。

例えば毎月の余剰資金は返済に回す、ボーナス月には余ったお金を繰上げ返済として支払いをしていけば、その分だけ元金が減ります。ボーナス払いのように決められた金額ではなく、自身で繰上げ金額を決められるので、負担も無理もなく支払えます。

ボーナスが出るとは限らない

ここ数年で言えばリーマンショックの影響などにより、多くの企業でボーナスのカット、ボーナスが支給されないといった事態に見舞われました。このときにボーナス払いで住宅ローンを組んでいた方は青ざめたのではないでしょうか。

将来のことは誰にも分からず、自身の勤める会社がどんなに安定しているとしても、外的要因によってボーナスのカットはいつでも考えられるリスクとなります。そうなった際にアテにしていたボーナスが出ない、または少ないとなると、住宅ローンの支払いにも大きな影響が出てしまいます。

ボーナス払いを併用すれば返済の期間や金額の面でメリットはあるのですが、天秤にかけた際のデメリットを考えると果たしてどうなのかといった部分もあります。

無理なく進める繰上げ返済

無理な繰上げ返済は失敗するにも書いていますが、ボーナス払いを併用するしないは別として、繰上げ返済を無理に進めるのはよくありません。生活費はもちろんですが最低限の貯蓄などを除いた上で返済に回せる分だけを、繰上げ返済として入金をすべきです。

生活費を削ってまで繰上げ返済をすると後々で大きく困ることになりますので、ボーナス払いを使うか使わないかも含め、無理のない返済計画で住宅ローンを利用するようにしてください。

≫【最新】住宅ローン借り換え比較

トップへ戻る