住宅ローンの借り換え審査を受ける前に、最低限の知識として最新金利は見ておきましょう。

一定期間内は固定金利となる契約

住宅ローンの金利には様々な内容があり、金利の見直しがされる変動金利や、金利が変わらない固定金利などがあります。固定金利は金利が変動しないのがメリットですが、利率が変動金利よりも高くなってしまうため、変動金利の利率が上がらないとすれば、固定金利の返済負担は大きくなります。

しかし、固定金利であれば将来的な金利変動のリスクは抱えずに済み、ある程度の負担を代償として安定した返済計画で住宅ローンが利用出来るのが強みでもあります。

それでも固定金利は利率が高い、少しでも金利を抑えたいと考える方には、期間限定の固定金利があります。5年や10年、20年といった一定の期間内は固定金利となる住宅ローンで、金利はずっと固定金利のフラット35などと比べると低くなります。

期間経過後は金利を再び選び直す形となり、完済をするまではそのサイクルを繰り返すこととなります。

期間固定金利の特徴と注意点

例えば5年の固定金利で住宅ローンを借り換えるとすると、5年間は市場金利が長期金利などが上昇しているとしても、金利は変わらずに返済が進められます。ただ、5年後には上がった利率で金利を選ぶ必要があり、思わぬ金利上昇で一気に返済負担が増える可能性があります。

フラット35と比べると返済負担が増してしまうリスクがあるタイプとなりますが、その分だけ金利は低くなっています。5年固定のタイプでは多くの金融機関で変動金利とほぼ変わらない利率となっており、返済の負担も大きくなりません。

ただ、変動金利の見直しは年に2回、返済金額の見直しは5年の1度であることを考えると、5年固定のタイプと変動金利では、返済金額自体は毎月ほとんど変わらず、どちらも大した違いはないとも言えます。

期間限定の固定金利をうまく使う

5年よりもさらに短いタイプの固定金利の商品を用意している金融機関もありますが、実際にはあまり意味が無い金利設定とも言えます。1年や3年などは金利の低さに目がいきますが、1年後や3年後には上がっているかもしれない金利で再び選び直さなければならないので、最終的な負担が大きくなる可能性があります。

期間限定での固定金利をうまく使うコツとしては、目安として住宅ローンの返済期間の半分程度の期間を固定金利とし、残高がある程度減ってくるタイミングで他の変動金利などの低金利のタイプとするのが良いです。

住宅ローンの残高が減ってくれば金利が上がってしまうとしても、利息の負担は少なくなります。30年で返し終える住宅ローンを固定20年の金利に借り換えをし、残りの10年を変動金利とした場合には、仮に金利が上がってしまっているとしても、上昇幅にもよりますが負担はそこまで増加しません。

これが5年程度の短い固定金利としてしまうと、5年間で金利が上昇するとローン残高が十分に減っていない状態で高い金利の住宅ローンとなってしまいますので、毎月の返済負担も大きくなってしまうのです。

返済の計画を立てて使いこなす

期間固定金利は妙味のある住宅ローンとも言え、しっかりとした返済計画の下であれば負担を抑えつつ賢く返済が出来る契約内容ともなります。

しかし、目先の金利にばかり目をやってしまい、極端に短い期間の固定金利を選び続けるといった使い方をすると、思わぬ金利上昇で返済負担が大きく増す可能性があるので注意が必要です。

≫【最新】住宅ローン借り換え比較

トップへ戻る