住宅ローンの借り換え審査を受ける前に、最低限の知識として最新金利は見ておきましょう。

悩みが多い金利のタイプ

住宅ローンを利用するにあたって大きく悩むのが、固定金利と変動金利です。利率の違いももちろんですが、やはりこれから先の何十年といった期間に渡る返済を考える上では、重要なポイントとなってきます。

先のことは分からない、金利がずっと変わらない固定金利は安心感の面で優れているのは事実ですが、利率を比べてしまうと変動金利が強いです。ただ、変動金利は将来的な金利上昇のリスクがあるため、目先の利率に釣られて変動金利にしても良いものかと考えてしまいます。

変動幅が限定的な変動金利

住宅金融支援機構が公開している住宅ローン利用者の金利タイプを見てみると、変動金利の利用者はいくらか減少傾向にあるとは言え、それでも依然として多い水準で推移をしています。将来的な金利変動リスクはありますが、やはり低金利で借りられる変動金利は人気となっています。

変動金利は利率が低い反面、短期金利の上昇などによって大幅に返済負担が増加してしまうリスクがありますが、仮に金利が上がるとしても、返済額の上昇幅は一定以上にはならないようになっています。

金利自体は年に2回の見直しがされますが、返済額については5年毎となります。青天井で上がってしまうと住宅ローン利用者が困ってしまいますので、5年毎に見直される変動金利の返済額は、最大でも25%までしか上昇がしないようになっています。

25%も上がれば100,000円の返済が125,000円となるので大きな負担増となってしまいますが、金利がそれ以上に上がっているとしても返済金額は25%までの上昇に抑えられるので、次の返済額の見直しまでの間に何らかの手を打つことも可能です。

期間の有無で変わる固定金利

「フラット35」をはじめとする最大35年のずっと固定金利となるタイプ、5年や10年、20年といった期間指定型の固定金利など様々なタイプがあります。文字通り期間中は金利が固定され、長期金利が変動しようが金利も返済額も変わらない大きなメリットがあります。

ただしその分だけ利率は変動金利に比べると高く設定されており、返済の計画が立てやすい安心感がある代わりに、最終的な支払い総額は大きくなりがちです。

また、固定金利で注意をしておきたいのは、期間指定型です。5年のタイプなら5年後には原則として変動金利への変更となりますが、そのまま固定金利とすることも可能です。ただ、5年の間に金利が大幅に上昇していた場合には利率が上がり、更には返済額も大幅に上昇してしまう可能性があります。

変動金利の場合には5年毎の返済額の上昇幅は25%までと決められていますが、期間指定型の固定金利タイプの場合には適用がされません。つまり、当初の返済金額が10万円であったとしても、5年の間に金利が著しく上昇した場合には、返済金額が15万円などとなる可能性もゼロではありません。

どちらが良いとは言い切れない

どの金融機関も固定金利、変動金利と多くのタイプを用意しているのを見ても分かるように、固定と変動のどちらの金利が良いとは誰にも言い切れません。双方にメリットもデメリットもあり、利用者の計画に合わせて選ぶのが最も正解に近いとしか言えないのです。

≫【最新】住宅ローン借り換え比較

トップへ戻る