住宅ローンの借り換え審査を受ける前に、最低限の知識として最新金利は見ておきましょう。

金利は毎月変わる可能性

借り換えを検討される方であればご存知かと思いますが、住宅ローンの金利は毎月見直されています。その月その月で適用される金利が変わり、新規での契約でも借り換えでも、その時点での適用金利での住宅ローンの利用となります。

当サイトでは最新の金利情報を掲載をしていますが、金利が変更されるタイミングによっては最新金利の反映にタイムラグが生じる場合もあります。住宅ローンの借り換え利用前、検討前には、必ず各金融機関の公式ウェブサイト上で金利情報の確認をしていただけますよう、お願いいたします。

古い情報に振り回されない

ネット上には多くの住宅ローンの情報があり、利用にあたって役立つもの、役立たないものと様々です。求める情報を手軽に調べられるのがインターネットの大きな利点ですが、気をつけなければならないのが情報の鮮度です。

特に金利が毎月変わる可能性がある住宅ローンにおいては、情報は新しければ新しいほどに良いのは言うまでもありません。一ヶ月でも金利の更新がされていない情報では、正しい借り換えの検討すらも出来なくなってしまうためです。

当サイトも含め、住宅ローンの情報サイトはあくまで参考とし、基本は各金融機関の公式サイト上で正しい情報かを確認し、比較をする必要があります。更新がされていないサイト、最新金利が反映されていないサイトに惑わされると、お得な住宅ローンを見逃してしまう可能性もあります。

契約中の金利は一定期間は変わらない

住宅ローンの金利は毎月変更がされる可能性はありますが、契約中の金利に関しては変動金利であるとしても一定期間は変わらないようになっています。変動金利と固定金利にも記載をしていますが、変動金利は年に2回の金利の見直しとなり、それ以外の期間では金利は変わりません。

また、金利が変動することにより起こりうる返済金額の変動は、変動金利タイプでは5年に一度となっています。5年間は毎月の返済金額は変わらないので急激な返済負担の増加は抑えられますが、金利が上がれば利息の負担が増えてしまいます。

正しい情報で住宅ローンを比較する

契約中に変動する金利は借りている金融機関のウェブサイト上で確認をすれば良いですが、契約前、比較検討をする段階では各金融機関の正しい情報をそれぞれ見ておく必要があります。

今後の数十年に渡って返済をしていく住宅ローンは、基本中の基本としてその時点での最新情報を確認しなければなりません。面倒だから、手間だからと適当に選ぶと住宅ローンの借り換えで失敗をする可能性があるので注意が必要です。

≫【最新】住宅ローン借り換え比較

トップへ戻る