住宅ローンの借り換え審査を受ける前に、最低限の知識として最新金利は見ておきましょう。

借り換えは様々な諸費用がかかる

住宅ローンの借り換えには様々なコストがかかるため、僅かな金利差に留まる借り換えでは諸費用分の負担によって借り換えの効果が薄れてしまう可能性があります。

金利が下がれば良いとだけ考えると住宅ローンの借り換えも失敗をしてしまう場合もありますので、必要となる諸費用についても、しっかりと把握をしておく必要があるのです。

借り換えで必要となる諸費用

借り換え時に負担となる必要な諸費用は、大雑把に挙げると事務手数料や保証料、印紙代、登記の費用などがあります。このうち、住宅ローンを利用する金融機関によって異なるのが手数料と保証料で、借り換えを行う金額によって異なるが印紙代、そして登記の費用は決められている金額に加え、対応をする司法書士によって変わります。

事務手数料や保証料は金融機関によっていくらと決めているところもあれば、または無料のところもあります。同じ金融機関によっても住宅ローンの商品の違い、プランの違いで事務手数料も捕虜雨量も変わる場合があるため、しっかりと見ておくと余計な負担をせずに済みます。

印紙代は借りる金額によって決まっており、1,000万円超~5,000万円以下の住宅ローンの場合には2万円、5,000万円超~1億円以下の場合には6万円となります。一般的な借り換えの金額で考えれば大体は2万円の印紙代となり、金融機関によっての違いはありません。

登記に関わる費用の負担

登記に関する費用は、住宅ローンの借り換え時には抵当権設定費用と抵当権抹消費用に分かれています。それぞれで司法書士に対する報酬の負担がありますが、抵当権設定費用では5万円前後、抵当権抹消費用では1~2万円程度が大体の目安とされています。

司法書士報酬を除いて必要となる諸費用は、借り換え先の住宅ローンで抵抗権設定をする抵当権設定費用は借り入れ額の0.4%となり、これまでの住宅ローンの抵当権を抹消するための手続きとなる抵当権抹消費用は、不動産1物件あたり1,000円となります。

なるべく諸費用を抑えて借り換えをしたいと考える場合には、司法書士報酬を省くのも一つの手です。それぞれの抵当権の設定、抹消の手続きも個人で行えないものではないため、多少の時間や手間はかかりますが、自身で抵当権の設定と抹消を行えば、当然ながら司法書士報酬は発生しません。

トータルの諸費用をよく考える

住宅ローンの借り換えでは金利ばかりに目がいってしまいますが、様々な諸費用によって借り換えがより良いものになるかが決まります。金利ももちろん大事ですが、諸費用にも目を向けて求める条件で借り換えられる住宅ローンを見つけてください。

≫【最新】住宅ローン借り換え比較

トップへ戻る